最新のお知らせ

自転車にはまった

投稿時刻 15/04/05 15:32

最近は体を動かしたいという衝動からスポーツをやり始めました。主に硬式テニス、ゴルフ、サイクリングです。テニスは高校生のころ友達と遊んでいたし、社会人になってもたまにやっていました。ゴルフはカナダに住んでいた中学生のころ父親と一緒にやっていました。サイクリングは高校生のころプロを目指していたことがあります。特に自転車(ロードバイク)は奥が深くかなりはまっています。3万円の自転車を買ったのですが、パーツを次々と交換していき、パーツだけで3万円使ってしまいました(笑)。

作成者: seijia seijia@hotmail.com

お勧めの本

その他

体に悪い油

食用油と肉や魚に入っている脂肪は体内で脂肪酸に分解され吸収されます。この脂肪酸には色んな種類があるのはご存知でしたか?そして、人間が自ら作成できない必須脂肪酸というのもあります。「脂肪はよくない」とよく聞きますが、体に悪い脂肪もあれば、なくてはならない脂肪もあります。体に悪い脂肪で代表的なものがトランス脂肪酸です。

トランス脂肪酸が体によくないと話題になっているのは最近のことです。例えばマーガリンは学校給食に毎日のように食パンと一緒に出ていましたし、マヨネーズも疑いなく食べていました。現在でもほとんどの菓子パンと食パンにはマーガリンが入っているし、クッキーやドーナッツにはショートニングが入っています。

スーパーで安く手に入る食用油、マーガリン、ショートニングにはトランス脂肪酸が多く入っています。これは油が酸化しないように、工場で元になる油を加工して(水素添加)自然界には存在しない油に変換している状態です。これらの不自然な油は体内で通常の脂肪酸と同様に吸収されて、様々な不具合を起こすことになります。

トランス脂肪酸の毒性は非常に高いので少量でもとらないほうがよいです。しかし、スーパーのお惣菜やレストランでは当たり前のように使われているので避けることは困難です。トランス脂肪酸は動脈硬化や心臓病の原因と言われているし、コレステロールのLDL値を上げるという報告もあります。

世界的に見ると、トランス脂肪酸が入っている食用油などは使用しないように規制されているところがありますが、日本ではまだ規制されていません。トランス脂肪酸は体にとっては毒なので、今すぐそれらの油を捨てて調理用にはココナッツオイルを使い、サラダドレッシングなどには亜麻仁油を使うことをお勧めします。これだけで健康度はガラッとよくなります。

次に危ないのは酸化した油です。ココナッツオイルは飽和脂肪酸が多いので高熱でも酸化しにくいですが、コーン油や大豆油などの植物油は不飽和脂肪酸が多いので酸化しやすいです。料理で植物油に熱を加えると油は一気に酸化します。酸化した油は動脈硬化、心臓病、アルツハイマー病、肝臓の異常などの原因になるといわれています。

詳しくは山田 豊文の「病気がイヤなら油を変えなさい!」を読んでください。