最新のお知らせ

自転車にはまった

投稿時刻 15/04/05 15:32

最近は体を動かしたいという衝動からスポーツをやり始めました。主に硬式テニス、ゴルフ、サイクリングです。テニスは高校生のころ友達と遊んでいたし、社会人になってもたまにやっていました。ゴルフはカナダに住んでいた中学生のころ父親と一緒にやっていました。サイクリングは高校生のころプロを目指していたことがあります。特に自転車(ロードバイク)は奥が深くかなりはまっています。3万円の自転車を買ったのですが、パーツを次々と交換していき、パーツだけで3万円使ってしまいました(笑)。

作成者: seijia seijia@hotmail.com

お勧めの本

その他

本来の自分を取り戻すために

「本来の自分」ってそもそも何なんでしょう?今の自分は本来の自分ではないのか?多分違うでしょうね。それじゃあ、「本来の自分」ってどこにあるの?このサイトを管理している私は「本来の自分」が何なのかは分からないです。分からないけれどそれを取り戻すことを続けています。あなたは今までの人生で分からないことをずーっと続けたことはありますか?

私は「本来の自分」は分からないけれど、「本来の自分」を生きている人を見分けることはできると思っています(思い込みかもしれませんが)。私の勝手な見解ですが「本来の自分」を常に感じて生きている人は世界に数人しかいません。そしてその数人が日本の熊野という地域に住んでいるのです。

だから本当に「幸せ」になるのであれば、熊野という場所は環境が整っています。「本来の自分」を取り戻そうとしている人たちが集まっているので、色んな人からサポートを受けることができます。これは宗教でも精神世界でもありません。説明することはできないので体験するしかありません。

この時点で「よし、熊野へ行ってみよう」という人は滅多にいないでしょう。なぜそうなるかというと、人は生まれてから育った環境の中で生き延びるために、自己催眠をかけるからです。それは主に親、特に母親の影響が大きいです。赤ちゃんのころは言葉での催眠ではなくて、言語になる前の雰囲気を吸収していきます。親からの影響をいっぱい吸い込んだ人は「本来の自分」を見失ってしまいます。

いくら私がこのサイトで色んなことを書いても、この文章を読んでいる人は勝手に解釈して分かろうとします。分かることではないことを言語化すると分かることになってしまいます。ですから言語には限界があります。本当に伝えたいことは言語では伝えられません。このサイトの情報をどれだけ理解しても、知識が増えるだけです。本当は何も読まないで、熊野へ来て一緒に過ごすことが一番です。知らないうちに細胞間でコミュニケーションが行われます。

こんなことを書いていたら頭が混乱してくるでしょうが、本当は混乱して分からなくなっていくのが正解です。このサイトを管理している人のプロフィールお勧めの本お勧めのサイトが左の「トピック」の下にあります。